ナチュラルメイク
なのに崩れにくい!おすすめのアイテム

「ナチュラルメイクをしたいけど、崩れやすいイメージがある」という方、多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、崩れにくいナチュラルメイクアイテムです。崩れにくいメイク方法についても解説しています!

ナチュラルメイクで
崩れない方法って?

夏から秋にかけてのゆらぎ肌にも最適なナチュラルメイク。そんなナチュラルメイクですが、汗や皮脂、マスクなどで崩れてしまう悩みを抱いている方も少なくありません。この項目では、ナチュラルメイクの崩れにくい選び方について詳しく見ていきましょう。

SELECTIONナチュラルコスメの選び方

崩れにくいナチュラルメイクアイテムの選び方は「肌質」に注目すると良いでしょう。
肌質には大きく分けて4つのタイプがあります。

  • 脂性タイプ

    テカリが気になるタイプです。サラサラな肌状態を保持してくれる化粧下地を使ったり,フィニッシュパウダーを利用するのが良いでしょう。

  • 乾燥タイプ

    乾燥しやすい肌質なので、保湿成分が配合されているファンデーション・化粧下地を使うのが良いでしょう。

  • 混合タイプ

    脂性肌と乾燥肌が混ざったタイプの肌質です。TゾーンやUゾーンはテカリが気になり、頬などの部分は乾燥しやすかったりします。乾燥する箇所には保湿成分の入ったファンデーションを、皮脂が出やすい箇所にはフィニッシュパウダーを使ってサラサラ状態をキープするようにしましょう。

  • 敏感タイプ

    刺激に敏感なので、肌への負担が少ないファンデーションを選ぶことが大切です。

POINTSメイクが崩れないポイント

崩れにくいナチュラルメイクアイテムを使うにしても、
崩れないようにするポイントを押さえることは大切です。

  • 睡眠をたっぷり摂る
  • スキンケアをしっかりする
上記が重要なのは前提として、その他のポイントについてお伝えします。
  • ファンデーションをつけすぎない
  • フェイスパウダーを使う

この2点に気をつけると良いでしょう。

しかし、「ファンデーションを薄づきにして肌のアラが隠せなかったらどうしよう」「フェイスパウダーを使ったら乾燥しすぎてしまうのでは?」という不安が心の中で広がってしまう方もいますよね。

大丈夫です。その不安を払拭することができる、おすすめアイテムを次項にてご紹介します。

崩れにくい
ナチュラルメイクアイテム

崩れにくいナチュラルコスメアイテムが揃っている、babu-beauté(バブーボーテ)をご存じでしょうか。

商品開発のプロデュースをしているのは、ナチュラルコスメプロデューサーの小松和子氏です。ドラマや映画、CMに雑誌などあらゆる分野のヘアメイクアップアーティストである小松氏は、2008年からナチュラルコスメ専門のメイクアップアーティストとして活躍しています。

babu-beauté(バブーボーテ)は、そんな小松氏が手がけるオーガニック国産ナチュラルコスメです。そんなbabu-beauté(バブーボーテ)の中でも、崩れにくいナチュラルメイクに仕上げてくれるアイテムをご紹介しましょう。

スムースナチュラルファンデーション

スムースナチュラルファンデーション

babu-beauté(バブーボーテ)の「スムースナチュラルファンデーション」は、肌のくすみを明るく保ってくれるカラーが嬉しいBBクリームです。ベージュオークル系のカラーなので、重ね塗りしたとしてもムラになったりしにくいというメリットがあります。保湿・美容成分もたっぷり配合。

UVカット効果(ナノ成分不使用)もあります。ウォータープルーフ処方なのも心強いです。

なお、石鹸やナチュラル系クレンジングでメイクオフすることができます。

フィニッシングクリアーパウダー

フィニッシングクリアーパウダー

babu-beauté(バブーボーテ)の「フィニッシングクリアーパウダー」は、透明なフィニッシングパウダーです。乾燥タイプの肌にも嬉しい、コメ胚芽油やダイズ油、コメヌカ油などの保湿効果がある成分を含有したパウダーなので使い勝手が良いでしょう。

オーガニック・ナチュラルコスメにはありがちな白浮きがないのも注目ポイントです。選び抜いたマイカ(セリサイト)とコメ粉成分を配合しており、透明感のある肌を演出します。サラサラだけど乾燥しにくい、理想的なパウダーと言えるでしょう。

崩れにくい
ナチュラルメイクのやり方

崩れにくいナチュラルメイクアイテムがわかったところで、
最後に崩れにくさを意識したナチュラルメイクの手順方法を紹介します。

  • 01スキンケアと
    ティッシュオフ

    まずはスキンケアをおこないましょう。スキンケアのあとは、大体5分ほど時間をおいて化粧水を浸透させるのが良いですが、時間がないのならティッシュでオフして下さい。

  • 02ファンデーションを
    広げていく

    薄づきを意識しながら、頬の内側から外側にファンデーションを伸ばしていく。くすみが気になる部分(目の周り・小鼻・口角)は重ね塗りしても◎。

  • 03フェイスパウダーを
    必要箇所にのせる

    Tゾーンや小鼻、目の下などにフェイスパウダーをのせることで、崩れにくさがグッとアップします。

一覧に戻る